忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



アンサンブルプリモのコンサートでは、音楽だけでなくMCも楽しんでいただいておりますが、このMCは全くメンバー間に打ち合わせがないんです。
もちろん台本もありません。

なので、どんな話が出てくるのかマイクを持っていないメンバーは知らないんですよ。

お客様と同じようにビックリしたり笑ったりメンバーも楽しんでいるのですが、昨日のコンサートでもビックリするような話がありました。

最近、個性的な名前やかわいい名前のお子さんが多いですよね。
インターネットで見かけた個性的な名前は
【運命】くんだそうです。
なんて読むんでしょうか?
うんめいくん?
さだめくん?
と思ったら・・・
・・・・バッハくんだそうです。

いや、運命はバッハと違いますから!ベートーベンですからっ!

お客様もこの話でかなり驚かれてるようでしたが、メンバーもこの話を聞いて、ほんとビックリしました。

親御さん、ちょっと勘違いしちゃったんでしょうか?
役所の人も出生届を受理する前に
『運命はベートーベン作曲ですけどバッハ君でいいですか?』って聞いてあげてほしかったです。

でも、バッハの響きが気に入っているので漢字を替えます。って訳にいかないですよね。
だってバッハの有名な曲って

・主よ人の望みの喜びよ
・小フーガト短調
・マタイ受難曲
・G線上のアリア
・トッカータとフーガ二短調
・アヴェマリア

どれもあんまり名前向きではないですね。
っていうか、ひらがなやカタカナが入ってるから、当て字にするにも厳しすぎます。
ま、アヴェマリアはマリアって名前が入ってますけどね。ただし男の子向けではありませんね。


運命くん
普通に『うんめいくん』ならすごくかっこいい名前なのにな~なんて思っちゃいます。

拍手[0回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
アンサンブルプリモ
性別:
非公開
自己紹介:
アンサンブルプリモは平成22年2月に結成した、クラリネット・トランペット・ピアノ・サキソフォンの4人による混成アンサンブルです。

 兵庫県加古川市を中心に、姫路~阪神間の広い地域で、福祉施設や商業施設、学校園や病院などで演奏活動を行っています。  また、アンサンブルプリモ主催のコンサートをアラベスクホールや松風ギャラリーホール、東播磨生活創造センターなどで年4回開催しています。

 これらあわせて年間30回程度の演奏活動を行いながら、さらに他団体とのコラボ演奏や小学校などでの演奏指導も積極的に行っています。
 より多くの方に音楽の楽しさを感じてもらえるように、情熱をもって活動を続けています。

演奏のご依頼は、こちらよりどうぞ (FAX・メールでのお問い合わせ)
http://ensemble-primo.com/contact.html
または、ensemble_primo@yahoo.co.jp

レパートリー
・童謡、唱歌
・懐メロ
・演歌
・クラシック
・ポップス
・アニメソング など
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30